中小企業のテレワーク導入・運用支援|株式会社三晃堂

遠隔営業(オンラインでの商談)

01.オンライン商談ツールについて

クライアント様と営業をオンラインで繋ぎ、資料を共有しながらプレゼンテーションを行う手法です。商談をオンライン化することで移動コストの削減が可能になります。
また、2020年の新型コロナウイルス感染症の感染拡大や開催予定の東京オリンピックなど、移動に制限がかかる場合などに必要とされるツールです。また、大手企業では多くがオンライン商談を導入しておりビジネスの効率化とコスト削減を実現しております。
専用のオンライン商談システムを使用することにより、ウェブブラウザ上からお客様をお迎えすることができるためインストール不要でオンライン商談が可能になり、導入までのハードルを無くしスムーズな運用が可能です。

オンライン商談ツールの特徴

  • インストール不要

    事前のインストールは不要なためお客様に面倒な作業はございません。

  • 営業エリアの拡大

    インターネットさえ繋がれば全国どこでも商談が可能になります。
    そのため商圏範囲の拡大へと繋げることができます。

  • 移動時間とコストの削減

    ネットさえ繋がれば商談ができるので移動のコストと時間を大幅に削減することができます。

  • 人件費の削減

    一人ひとりの営業が費やす案件ごとの時間を大幅に減らすことができるので、人件費のコスト削減も期待できます。

02.活用事例について

建築、士業などの膨大な資料やサンプルをお客様にご提案する必要がある業種の場合、その膨大な資料を持っての移動で営業スタッフにかなりの負担がかかります。また、お打ち合わせの中でご提案したい資料が発生し用意していなかった場合は、事務所に戻り再度ご提案に伺う必要があります。
オンライン商談ツールを導入すれば「会社」と「お客様」をつなげることが可能なので、社内にある膨大な資料をわざわざお客様のところに持っていく必要がなくなり、その場でお客様にご覧いただくことが可能になります。

03.今後もオンライン商談はさらに拡大

オンライン商談ツールは大手企業でも多くが導入しております。この波は中小企業へも波及していくと予想されます。また、2020年のコロナによる移動制限や企業の人手不足に対応するうえで大きなメリットを与えてくれます。
ぜひ、導入をご検討ください。